マットレスの素材や用途など特徴は?

古くから寝具として親しまれているのが敷布団ですが、ベッドの普及とともにマットレスを利用するケースが増加しています。

直接床に敷くタイプの物も人気ですが、マットレスとはどのような特徴があるのでしょうか。利用する用途は様々で、敷布団の下に敷くケースやベッドの上に使用するパターンなどがあります。素材としては主に「ウレタン」が使用されている物が多く、低反発タイプや高反発タイプに分けられます。それぞれに特徴があり「低反発」の物は、寝ている時の身体の形に合わせて形状が変化して沈み込む事が特徴です。

そして「高反発」の種類はその名の通り反発性が高く、身体が沈まないので固さがあり寝返りなどがしやすいタイプとなっています。さらに近年では樹脂繊維を組み合わせた「高反発ファイバー」の物も登場しており、需要が高まっています。そして「ベッドマットレス」という物も使用ケースが多く、厚みがあり中にスプリングなどが入っている事が特徴です。

ベッドにセットするだけではなく、そのままで使用する事も可能で、ベッドのように使用できる足付きのタイプも人気となっています。メリットとして通気性が良い部分があり、湿気もこもりにくい点が挙げられ、クッション性の高さも特徴です。腰などに負担がかかりにくいマットレスも開発されており、腰痛などに悩まされている方にも効果的に利用されています。寝心地を追求したタイプも販売されており、利用する目的に合わせた商品を選ぶ事ができる点も魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *