マットレスが痛いとき

マットレスを使って眠るとき、腰痛を感じることもあれば背中などの体の痛みで目が覚めたりするというのもないわけではありません。

せっかく良い眠りを求めてマットレスを購入して使っているのに、体が痛いと感じてしまうのでは本末転倒です。今は昔ながらのコイルが入ったスプリングタイプだけではなくて、柔らかくて体を包み込むような低反発タイプ、しっかり硬さの感じられる高反発タイプなど種類が増えてきています。ある程度好みはありますが、好みと実際に体に良いかどうかはまた別の話なので、使用しているものになんとなく物足りないような気持ちにさせられるなら、自分が使っているものを見直すのは大切なことです。

寝るときに小難しいことを考えたくないと思いますが、横になるときの姿勢もなるべく立ったときの状態を保てるようにすることで体への痛みが軽減されて快適に眠ることができると言われています。マットレスに関しても、柔らかい素材で手触りや肌辺りは好みだったとしても、お尻や頭などが沈んで身動きが取れないような状態になってしまうと、起き抜けは体への痛みという形で現れてきたりします。

硬すぎても今度は腰が浮いてしまうというようなことになるので難しい部分がありますが、気持ちよく寝転べるものを探して一度は実際に横になる機会を作ると良いでしょう。マットレスもある程度値段がするものも多いですから、痛みのない快適な睡眠を手に入れるためにも吟味して選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *