マットレスの質を決める3つのポイント

1日のうちの3分1から4分の1は睡眠時間に使っています。

6時間から8時間くらいは睡眠時間に充てることが大切だと言われています。改めて考えてみると、1日のうちのかなりの長さを睡眠に充てている、あるいは充てなければならないことがわかります。睡眠の質によって、起きている間の元気も違ってくるのは誰でも経験していることでしょう。だから、ぐっすりと質の良い睡眠を取るために、少しでも品質の良いマットレスを選びたいと考えている人が多いのです。

良いマットレスの条件は、「体圧分散がしっかりできていること」「良い姿勢を維持しながら眠ることができること」「寝返りがしやすいこと」の3つです。各メーカーでもこの点を重要なポイントとして位置づけ、新製品の開発に余念がありません。たとえば、マットレスに興味がある方なら、体圧分散というあまり聞きなれない言葉を一度は耳にしたことがあることでしょう。眠っている間、体重が体全体にかかります。

その際に、腰や肩などに体重による圧力が集中してしまうと、朝起きた時に腰が痛かったり、肩が凝ったりしてしまいます。それを避けるために、体圧を体全体に分散するわけです。ここがマットレスの品質を決定する重要なポイントと言っても過言ではありません。体圧分散がしっかりしているマットレスであれば、眠っているときの姿勢も良い姿勢が維持できます。これにより血行も良くなり、快適な眠りが可能となります。なお寝返りのしやすさは、反発力が高いものが良いとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *