マットレスと介護保険制度

高齢者などで要介護2以上になった場合には、特殊寝台が利用できる場合があります。

このときその特殊寝台に付属してマットレスも同様に使用することにより、要介護の人が生活面での不自由さを減らすことに資するものです。ただし、特殊寝台がなければこのマットレスだけをレンタルすることは出来ないため、介護保険制度の適用は受けられないデメリットはあるので注意を要します。介護保険制度では在宅において生活を送る上で必要だと認められた場合、ケアマネジャーの作成するケアプランに明記してもらうことによって使用が出来ます。

ケアマネジャーがケアプランに明記をすることが必須なので、彼らの了解がなければ利用が出来ないです。したがってケアマネジャーに対して、その必要とする理由や状況を把握してもらうことが必須となります。自費で購入をして利用をする方法もあります。ただし、この場合は所有するのは要介護者やその家族ですので、たとえば清潔さを保つためのマットレスに関する清掃などは、原則自分たちで行わなければならないものです。

その手間暇を考えることと、いざというときに不要になったりしても処分に困るので、レンタルで済ませる方法は有効と言えます。借りているだけですので、その必要がなくなれば返却をします。施設に入居をしたりするとマットレスをレンタルすることは出来なくなり、施設側に対して要望を出して対処を求めることとなりますが、対応が可能かどうかは施設によります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *